忍者ブログ
我が命の削り節。
[113] [112] [111] [110] [109] [108] [107] [106] [105] [104] [103]
あっという間に九月。
この夏場にMFDの開発作業をもっと進められる予定だったんだけれど、思いのほか多忙であまり進められず。
それでも今までに蓄積したノウハウが徐々に効果を発揮してきて、頭に思い描いた内容がサクサクと実現できるようになってきた。
現在のところ、攻撃アクションがハンドガン・バーストハンドガン・サブマシンガン・アサルトライフル・ショットガンをそれぞれの射撃動作とリロード動作で扱えるようになった。一応パンチも出せるけれど、このまま実装するかは未定。むしろ自販機を蹴るためのキックが欲しいところ。
攻撃以外の動作としては、忍び足・通常歩行・走り・ホフク・昇り降り・押し・拾う、が可能に。ホフクが実装できたことで、思う存分ダクトに詰まることができますね。
様々な動作が可能になるにつれ、キーの割り当てに悩まされる。可能な限り少ないキーで快適に動かせるようにしたいのだけれど、一番のネックはアナログ入力。マウス移動やドラッグだけでは足りなくて、マウスホイールも試しているところ。
ウチの開発環境であるMacはプレステ3のコントローラがそのまま認識できるから、いっそゲームコントローラを前提とした操作にしようかとも思ったんだけど、ユーザーの大多数を占めるWin環境だと様々なコントローラが出回っていて、キー割り当ての対応だけでも手が回らなくなりそう。なので現状はマウス&カーソルキー又はWASD、そしてシフトとスペースキーというお馴染みのもの。
この数日は演出系の開発に着手していて、水場やガラスの処理が実現できたところ。ジャバジャバと水しぶきを上げて進んだり、ガラスを撃ってガシャーンと割ったり。その他にも「音」を大切にしたくて、床の材質に応じて足音を変えるのを開発上の必須条件にしてきた。タイル床、コンクリ床、絨毯床、フローリング床、金属床、水、土などなど。
3D化によって、今まで諦めてきた処理がどんどん実現できるなったのは良いんだけれど、あんまり調子に乗り過ぎて処理が重くなってしまうこともしばしば。昨夜はホフクと起立を繰り返す負荷テスト中に、突然床を擦り抜けて奈落の底にジャックが落ちていってしまった。なにごとも程々にしておかないとね。

そんな訳で、開発作業にいそしむジャックさんの近影です。ガラスを撃ってバリーンの連続ショットと、銃器全種類を背負ってご満悦のお姿をどうぞ。



PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/19  sanetomo]
[02/18 gt]
[02/17 kuma]
[10/04  sanetomo]
[10/04 No Name]
最新TB
プロフィール
HN:
sanetomo
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索