忍者ブログ
我が命の削り節。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

土曜の夜から酷い目眩が発生して、頭痛と発熱も加わって完全にダウン。
咳もクシャミも鼻水も一切なくて、風邪とは少し違う気もする。
平日が学校業務でロクに作業できないので、週末は貴重な作業時間なんだけど…全く作業にならず。
ちょっと起きるとすぐに熱が上がって、頭も朦朧として考えがまとまらない。
症状発生から24時間が経過しても、未だに咳や鼻水はナシ。
ずっと発熱状態だと体の節々が痛くなってくるし、どんどん体力を消耗する。
こんなに具合が悪いのは久しぶりだ。
ショボーン。
PR
今日は病院の日。
前夜からの作業を終えたら朝4時で、もう日が昇っている。
今から寝たのでは間違いなく寝過ごすので、シャワーでさっぱりしたら出掛ける時間になるまで作業を続行。

昨日の酷い土砂降りから一転して、青空と強い日差し。
昨日のような湿度と低気圧だと、歩くどころか立ってるだけでもしんどかった。
幸い今日は天気も良く爽やかな風が吹いてて、病院までの往路は快適な散歩。
直前まで作業していたプログラムの問題点などを考えながら歩く。

病院内は予想より混雑していた。
循環器外来は座席がひとつも空いてないので、診察券を出してさっさと採血室に向かう。
いつも大繁盛の採血室のほうは意外にも閑散としていて、ざっと5人待ちといった具合。
たいして待たされることなく順番が廻ってくる。
そこまでは良かったのだが、採血中に思わぬアクシデント発生。
静脈に採血針を挿した直後、針が抜けて流血沙汰に。
しかも看護婦さんが抜けた針を抑えようとしたら、別の場所に刺さるというオマケ付き。
二カ所に絆創膏を貼って、反対側の腕で採血をしなおす。
もう5年も病院通いだけど、このタイプの採血失敗は初めてのケース。
採血作業を観察していると、片手が塞がった状態で手早く幾つかの動作をする必要があって確かに大変そう。
もう少し便利なツールが開発できないものなんだろうか。

採血のあと長〜い待ち時間を耐えて処方箋を貰い、精算を済ませる。
看護婦さんによると、採血の結果がいつもより少し悪いそう。
幸い、薬の量を増やすほどではなかったようだ。


帰途は病院近くのスーパーで買物少々。
最近は忙しすぎて調理の時間も勿体ないので、温キャベツにハマっている。
ザッと洗ってボウルに入れて、ラップしてレンジでチンするだけ。
ごまドレッシングなんかで食べるとなかなかいける。
ひところの野菜高騰時に比べれば、ずいぶん安くなったようだ。
あまりに品不足が続いたせいで、今までは出荷されずにいたカタチの悪いものや小さすぎるものも流通するようになったらしい。
それが本来あるべき姿だと思うし、出荷量が安定しても続けて欲しいものだ。


部屋に戻って作業を再開すると、窓外からは雨の音。
さっきまで良い天気だったのに、また今夜から明日にかけて本降りのようだ。
呼吸がつらくなるので雨だけは本当に勘弁して欲しい。

最近、1日を12時間ごとに分けて使っている。
明け方に作業を終えて数時間の仮眠をとり、昼前から夕方まで大学・専門学校の業務。
帰宅したらまた数時間の仮眠をとり、明け方まで作業という繰り返し。
1日に2回寝起きするのは面倒臭そうに見えるが、12時間をそれぞれ「学校の日」「作業の日」と考えると結構良い感じ。
忙しいと「1日48時間くらい欲しい」とか思うけど、逆に2つに割って1日で2日分を過ごしている感覚。
ズルズルと忙しさに引きずられるよりも、ギュッと濃縮した12時間ずつの方が自分的には合っているようだ。

日付が変わって未明3時。
大学と専門学校の授業に並行して、イブルとMFDの開発を進める日々。
MFDは一年以上も殆ど手をつけられない状態だったんだけど、とある事情で最新の動作検証版を仕上げる事になった。
実はこの長期停滞中にMFD新システムと同様の「真俯瞰ビュー」形式のゾンビ退治モノがwebに溢れてしまい、このまま仕上げるとパクったパクらないの騒動に巻き込まれるリスクがあって気になっていた。
更にはイブルで追加された設定との整合性や古くなってしまったネタの再構築などもあって、現在はsec1からエンディングまで統一されたシステムで遊べる作品として作り直している最中。
これまでの実験作で得られたデータのおかげで、かなり安定感のあるシステムを実現できそうな手応えがある。
懸案だった操作方法も、いまのところ四種類から選べるよう設計している。
このMFD最新検証版は、そう遠くないうちに会員の皆様に試して貰えそうな気配。


先日、心臓の定期検査で久しぶりの超音波検査がオーダーされた。
緊急入院した時からそろそろ丸五年になるんだけど、この五年間ずっと変わらずに診てくれているのは、看護婦さんを除くと超音波の技師さんだけ。
担当医でさえ三人くらい変わってしまったので、この超音波技師さんが一番付き合いが長い。
そのせいか、技師さんは検査中に過去のデータを眺めて「この最初の状態は本当に酷いねぇ、同じ人とは思えないよ」と漏らした。
やはりここまで回復するのは珍しいそうだ。面白かったのは、担当医が絶対に言いそうにない台詞。
「…結局、何が良かったのか分かんないんだよねー」
どんどん悪化して心臓移植以外に道がなくなるのが「普通」で、こうして稀に社会復帰できるまで回復するケースがあるのは何故なのか、良く分かっていないそうだ。
確かに四人部屋で一緒だった同じ病気の人が既にお二人亡くなっているし、自分は相当運が良かったんだろうなと思う。
と言っても毎日大量のクスリを飲み続けないといけないし、心電図には右脚ブロックやQ波などが検出されていて突然死のリスクは高いまま。
相変わらず目眩にも悩まされていて、さっきはプログラミングをしている最中に突然、脳ミソが頭蓋骨からこぼれ落ちるような感覚に襲われて焦った。
首から上だけに強力な重力が掛かってるような感じで、もうちょっとでキーボードに頭突きするかという勢い。
ウトウトしてたなら不思議でもないんだけど、プログラムを真剣に考えてる最中に突然グヮンと来たので脳梗塞かと心配になった。
たぶん不整脈か小さな血栓なんかで、脳の血流が一時的に滞ったりしてるんだろうなぁ…恐い恐い。


先日から太腿の筋肉に変な違和感があっておかしいなと思っていたら、それが節々の痛みになって頭痛になって、クシャミ鼻水の酷い風邪に進行してしまいました。
風邪薬より効くと噂のポカリを飲んで出来るだけ安静にしていたら、三日目くらいでやっとラクになってきました。皆さんも風邪にはお気をつけ下さいませ。


ずっとクローズド的な状態だったイブルの世界にもようやく外からの風が吹いて来て、時間帯によっては街にも少し賑わいが戻ってきた感じ。
クエストやミッションを遊んで下さった方はお気付きだと思いますが、まだマップ内で装備変更ができない仕様になっているんですねー。
うっかり丸腰で任務を開始しちゃったりすると、もうギブするしかないというちょっとアレな状態なんですが、もう暫く辛抱して頂くとマップ内での装備変更が実装されると思います。
恐らくマップ内での装備変更が可能になると、刀剣でしか有効な攻撃ができない敵などの明確化によって難易度が少し上がると思います。また、現在は任務終了後に自動で強制的に修理となっている武器防具は、武器屋で自分で修理を頼むことになりそうです。

せっかく多人数プレイが可能な環境なので、メタバ服をお互いの目印にしてチャットで12doors談義も楽しんで頂けたらと思います。
それから、先日からプログラム班に無理を言って、街の自販機でバーガーを買えるように用意して貰ってます。マップ内の自販機は蹴ることも出来るようになるかもです。
今後もジワジワとお馬鹿なサネトモワークス・テイストを盛り込んでいく予定ですので、どうぞ長い目で見てやって下さいね。
サネトモも深夜には作業の合間にイブル内をウロついてると思います。

昨日から今日にかけては、久々に死ぬかと思った。
おとといから酷い頭痛が続いてて、いつもなら結構効いてくれる頭痛薬が全く効かず、昨日夕方からは高熱・悪寒・吐き気・目眩、そして止まらない鼻血という集中攻撃。
血圧も下の数値が異常に高い状態が一晩続き、ウンウンとうなされながら一睡もできずに夜が明けた。
今朝は熱こそ37度まで下がって血圧も正常値に近くなってきたものの、他の症状はあまり改善せず。鼻血も薄いピンク色になっただけで、ズルズルと続く。こんな状態で起きて良いのか判断に迷ったけど、授業を潰す訳にもいかないので気合いで起きる。
こんな時に限って、バイクは車検切れで電車移動。駅までの徒歩がヤバイ。年初の、大腸カメラ検査の為に飲んだ下剤で高熱出しながら病院まで歩いた時と同じくらい。遭難しそうな気分。鼻血で頭がボーッとするし。
電車も席は埋まってて、仕方なく隅っこの壁に寄りかかって耐える。体調が激悪な時って、電車に揺られるだけで凄いしんどい。
なんとか学校に辿り着いて、相変わらず止まらない鼻血と格闘しながら授業。教室は暖房がガンガン効いているのに悪寒で辛い。
無事に授業を済ませて、帰りの電車は始発駅のおかげで席をゲット。家に着いたら鼻に綿を詰めて速攻で寝る。


いま夜の9時過ぎだけど、ようやく起きられるようになった。まだ薄い鼻血が続いてるけど、熱は完全に下がって血圧も正常。二日間も熱と出血が続いたせいで脱水気味だけど、かなり体調はラクになった。
こんなに長時間の鼻血は経験がないし、ネットで調べたら危険な場合もあるようなので、また体調が悪くなるようなら病院に行こうと思う。


イブルは昨夜のアップデートで、新しいクエストやマップ、スキルシステムが実装された。今回のアップデート内容はプログラム面が多くて、自分的にはあんまり貢献してない感じ。初めてプログラム班が設計したマップを遊ばせてもらったけど、自分がマップの内容を知らないっていうだけで面白さ三倍。データも一部見直されて、敵の強さ設定がアップし、プレイヤーの初期装備が頼りなくなったので、今まで楽勝だったクエストでもケチョンケチョンにやられて退散してくる事もある。
今回は実装が間に合わなかったけど、ミッションのキモになる各種ギミックも開発に目処がついたようなので、そろそろフルバージョンに近い状態で見られるようになりそうだ。



忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/19  sanetomo]
[02/18 gt]
[02/17 kuma]
[10/04  sanetomo]
[10/04 No Name]
最新TB
プロフィール
HN:
sanetomo
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索