忍者ブログ
我が命の削り節。
[99] [98] [97] [96] [95] [94] [93] [92] [91] [90] [89]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

二週間ほど前、玄関前でミャーミャーと弱々しい鳴き声がしたので扉を開けてみると、茶トラが自室前に座り込んでいた。
手を差し出すと少し逃げるものの、またすぐに戻ってくる。
2階に引っ越してからは野良猫さんたちとの交流もなくなっていたのだが、この茶トラは2階通路も巡回経路に入っていたらしい。
とりあえず小皿にカリカリを入れて玄関先に出しておいたら、数時間後に確認したときには綺麗に平らげていた。

そのまま茶トラは定期的に通うようになったのだが、どうも様子が少し変だ。
とにかく良く鳴く。
野良生活では無駄鳴きするとデメリットが多いと思うのだが、玄関先に到着したらまずひと声ニャー。
それに気付いて扉をあけて目があうと、挨拶らしきニャー。
カリカリ出して無心に食べている間は静かなものの、食後はひたすらこっちの顔を見つめてニャーニャー。
おかわりが欲しいのかと思って出してみても、食べずに鳴き続ける。
撫でて欲しいのかと手を差し出すと、やっぱり距離をとりつつニャー。
結局、扉をしめて放置すると暫く鳴いたあとどこかに帰っていくという状態が数日続いた。

そんな「餌くれ定期便」に慣れたころ、扉を開けるとヘッピリ腰で玄関の中に入り込むようになった。
小一時間ほど玄関で休憩させてから帰らせていたのだが、数日目に尻尾付近の怪我を発見した。
かなり大きなかさぶたが出来ていて、盛り上がりも厚いところを見ると結構な深手だったらしい。
もしかしたら怪我が治るまで保護を求めているのかも知れないと思い、自分で外に出たがるまでは追い出さない事にしてみた。

結局、そのまま茶トラは我が家に逗留中。
野良のくせに全く外へ出たがらない。玄関を開け放っても、玄関先を数歩探索してすぐ戻る。
最初は軽く撫でさせる程度だったのが、翌日には自分から寄り添ってくるようになり、更にその翌日には抱っこを求めてくる始末。
およそ野良猫らしからぬ甘えん坊っぷり。
もしかしたら近所の飼い猫で放し飼いなのかもと思い、迷子猫サイトや地元紙の情報を確認してみるものの該当なし。
思案した挙げ句、即席の首輪に「仮保護中です。飼い主さん居られますか」と書き込んで早朝から外に出してみた。
結局、その日の夕方に仕事から帰ってみると、待ち受けていたかのように茶トラが玄関先に。
首輪もそのままだったので、純正野良と判断して尻尾の怪我が完治するまで完全室内飼いで保護することに決めた。

…のだが、このあと衝撃の展開が待っていたのでした。
つづく
PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[02/19  sanetomo]
[02/18 gt]
[02/17 kuma]
[10/04  sanetomo]
[10/04 No Name]
最新TB
プロフィール
HN:
sanetomo
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索