忍者ブログ
我が命の削り節。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

心臓の大病で緊急入院&手術から10年目。
丸二ヶ月に及んだ病院生活を終えて退院したあと、長く微熱体質が続いた。
毎日夕方から夜にかけて37度を少し超えるくらいの微熱で、あまりに長期間に渡って続くので、やがて心身ともに慣れてしまった。
そして10年。
いつの間にか微熱は治まっていたが、逆に極端な低体温の体質になってしまい、病院の検査では体温計を受け取った看護士さんが毎回「う〜ん」と顔を曇らせる。
当然ながら寒がりになり、夏場はラクになったものの、冬の夜間はことさら作業が辛くなった。
そしてこの数日、再び夕刻の微熱が戻ってきている。普段の体温が低いぶん、少しの微熱でも頭痛や目眩、悪寒を感じやすい。
前回はこの微熱が続いたあとに低体温になったけれど、さすがにこれ以上は平常体温が下がることはないだろう。これより低くなったら、きっと爬虫類の仲間入りだ。
PR
「ハイ、ヘリコプター!」

ってな訳で、皆様あけましておめでとうございます。
開発中の「魚雷戦用意2」に搭乗する対潜哨戒ヘリを作成中なんだけど、もともとヘリと潜水艦は非常に良く似た三次元機動が可能な乗り物。
そこで水上艦や潜水艦を動かしているプログラムで、このヘリコプターも動かせかなと試してみたところ、うまくいった。
しかも敵メカとしてだけでなく、プレイヤーが潜水艦の操作と同じ方法で操縦できるという....無駄におトクで必要なのかどうか怪しい機能。
もともとウチでは、ゲームを開発する際にはプレイヤーキャラと敵キャラを動かす仕組みに共通性を持たせる傾向がある。
敵キャラ用としては無駄なスペックになるんだけれども、キャラ用のプログラムが一本で済むし、全てのキャラを自分で動かして遊べるので、クリア後のオマケにしたりも可能。
当然ながらMFDでも人型クリーチャーなら自由に動かせる仕様で開発中なので、バグチェックのテストプレイに飽きて来た時なんかは敵キャラで気分転換するのだ。

自由に使える時間のほぼ全てをコンテンツ開発に充ててきたけれど、残念ながら年内に公開という目標は達成できず。
開発が一番進行している「魚雷戦用意2」は、プレイヤー以外の艦のモデリングとゲームバランス調整の段階。
それと、テストプレイ中に気になった点を幾つか修正中。それが今回の画像なんだけれども、まずひとつめは水上艦からの砲撃。
そもそも現代の潜水艦が戦闘中に海面へと浮上することなんて無いけれど、ゲームなのでいつでも浮上することは可能になっている。当然ながら敵の水上艦から目視攻撃されないとおかしいので、艦載砲を持つ艦からは砲弾が飛んで来るように改良。
もうひとつは、魚雷の発射と命中時にサブカメラによる映像を追加したこと。メインカメラが自艦の背後からのアングルなので、魚雷を発射した時に肝心の魚雷が見えず、いまひとつ臨場感に欠けていた。同様に、遥か遠方にいる敵艦に魚雷が命中した際に、水中の透明度が高くないので殆どなにも見えない状態だった。これではゲームとしてプレイ中の満足感が半減してしまうので、サブカメラで発射や命中の様子を見られるようにした。
ジェット戦闘機のフライトシミュレータなんかではお馴染みのミサイルカメラと同じ原理。

皆様、メリークリスマスです。
とか書いてる最中に地震.....かなり揺れたけど速報値は震度3。
なんか最近、異常なくらいに各地の火山が活発化してるのに殆ど報じられないし、震度や火山活動に関する発表内容に不信感を持ってしまう。

さてさて、Xmasでも大学はまだ後期集中講義期間中で週末まであいてるので、ヤル気のある学生さんは授業がなくとも登校して来て自習や課題をやってる。
独学では大変そうな内容を抱えてる学生さんのために、こちらもボランティア出勤で対応。普段は授業時間などの制約があって充分に教えられないことも、ここぞとばかりに贅沢なマンツーマン授業。
「なんでギャラも出ないのにそこまで付き合うの?」と良く聞かれるんだけれど、自分が学生だった頃に指導者の方々にやって欲しかった事を実践するよう心掛けている。
なにより、学生さんのお役に立てるのは自分のモチベーション維持にもつながる。

画像のクリスマスカードは、今年ご縁のあったアフリカにちなんでバオバブツリー。
「魚雷戦用意2」はシナリオ作成にあわせて、登場する艦の種類を増産中。
メインはもちろん潜水艦だけど、他にも駆逐艦や巡洋艦、タンカーや揚陸艦などなど。
皮肉なことに、メインである潜水艦はシルエットが単純で一番作り易い。
チョイ役のはずの水上艦は複雑な形をしていて作るのも手間だし、容量も潜水艦の何倍も喰う。
おまけに被弾・沈没時には爆発や火災など、潜水艦に比べて余計なエフェクトが必要になるという...制作側には良いとこ無しなイメージなんだけど、テストプレイしてみると水上艦を撃沈した時の満足感は潜水艦を沈めた時よりも良い感じ。
ちなみに今回の画像のプレイヤー艦は本来エネミー用として作成した某国の元型なんだけど、さすがに手抜きすぎて角張っちゃってるなぁ。
公開時には、もう少しマシなシルエットに修正しときます。



忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/19  sanetomo]
[02/18 gt]
[02/17 kuma]
[10/04  sanetomo]
[10/04 No Name]
最新TB
プロフィール
HN:
sanetomo
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索